スカイツリーの展望台に上がった感動

スカイツリーの展望台に上がった感動

スカイツリーに行ったときの思い出は、今でも鮮明に覚えています。北十間川に架かる京成橋から眺めたスカイツリーは、巨大で圧倒的な存在感がありました。

 

 

スカイツリーの真下を流れる北十間川の高水敷は遊歩道として再整備されていて、親水公園のような雰囲気でした。

 

 

スカイツリー展望台へ上がったときの感動も、忘れがたい思い出としてよく残っています。まわりに視界を遮るような建物が一切ないため、展望台からは360度の大パノラマが楽しめました。

 

丹沢の山々の背後には富士山が見えました。東側には秀麗な筑波山も見えて、真下の隅田川もよく見えました。展望台には2時間ほど滞在していましたが、時間の経過を忘れてしまうほど居心地が良い場所でした。

 

 

展望台から降りた後の楽しみは、北十間川沿いからの夜景観察でした。ライトアップは夕方になって始まり、昼間とは全く違う景観となりました。押上駅付近から東武橋まで歩きながら、ライトアップの絶景を楽しみました。周囲にいた多くの人が夜景撮影をしていたものですから、私もカメラを使ってみました。

 

 

昼間は展望台からの眺めを楽しんで、夜には幻想的な夜景を堪能できるスカイツリーは、何度でも行ってみたいと思える名所でした。最後には、スカイツリーの商業施設でお土産を買って帰路につきました。